2012年01月24日

捨て犬がうちに入り込んでしまった

ちび.JPG

我が家の住犬になってしまった元捨て犬。
尻尾が切られていて、この犬の散髪って、足のところだけ毛を残して切るみたいで、足のところの毛が団子状態。

うちのドアの前に居て、ドアを開けたとたんにうちの庭に入り込んしまって。
うちの人がいくら追い出そうとしても、うちの飼い犬が掘った木の下の穴に入り込みウーウー小さいくせに威嚇して動かない。
捕まえようにも、手を出したら、噛み付きそうで、なんともしょうがない。

その穴に居座ってしまった。
仕方ないので、水と餌を置いておくと、人の姿が見えなくなると出てきて食べる。
うちの人が窓から見ていたら、人の姿が見えない時は、穴から出て庭を歩きまわるようになっているが、それでも
1週間くらい、人の姿をみると、穴に入り込み、人が触ろうとすると、ウーウー。
毎日、餌をやって話しかけてやっていたら、だんだん、触らせるようにもなりウーウーも言わなくなり。

そして、ついに我が家の飼い犬になってしまった。
今では、私達が庭にでようものなら、他の先輩の犬より先に飛んできて、じゃれ付き、切られてほとんどない尻尾を振る。

それにしても、犬3匹の餌代バカにならなくって、嘆き。
うちの犬それにしても捨て犬と、出戻り犬と、侵入犬だ。 
posted by シロ at 11:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 動物の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

一羽の鳥を助けたよ。恩返しは?


昨日、うちの飼い猫シャムが結構大きめ、ハトくらいの大きさの鳥を捕らえて、家まで持ってきた。
メス猫だから、そう遠くまでは行かない。たいがい、屋根の上あたりで日向ぼっこなどしている。
うちの周りは結構まだ、木が多く自然があるところなので、うちの庭にも、いつも鳥が飛んでくる。

その鳥を捕らえた訳だが、屋根の上にとまった瞬間に猫にやられたのだろうか?
鳥は飛べるのに、猫にやられるとは。

猫が家の中で、シャムの母親猫と娘のミーミ、2匹で、鳥をじゃらしている仲間に入って、何とか鳥を私の手の中に捕まえた。
まだ、それほど致命的な傷は負っていないようだったので、外で離すと飛んでいった。

猫達は、鳥を取られても、不服そうにはしていない。
美味しい餌を代わりにあげたら、ご機嫌。
別に捕まえたからといって、飼い猫だから、食べる気はさらさらないのだ。

さて、あの鳥、助けてあげたけど、鶴の恩返し並みに、恩返しにくるか?
posted by シロ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良犬が日向ぼっこ

野良犬.JPG
メキシコシティよりもっと高い町がメキシコ州のトルカ市。
私はここまで、陶芸教室に行く。
朝学校の近くの道で、いつも野良犬達が日向ぼっこしている。
道の片側に調度、日が当たるのだ。
そこで、いつも日向ぼっこ。
一番後ろの黒い犬は、足が1本ない犬。
トルカの朝って、本当に寒いんだものね。



posted by シロ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

恐竜の絶滅説



メキシコ ユカタン半島での巨大隕石落下による恐竜絶滅説はやっぱり本当か?!
posted by シロ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

トカゲも生きられない。地球温暖化



メキシコには、トカゲなんて、いっぱい見かけるから、まさか!とおもったけど、やっぱり、絶滅する危険いっぱいなんだ。

2080年まで、人間だって生き残っているか?は多いに怪しいけど。
posted by シロ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


トップページへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。