2007年09月08日

猫力

アメリカのニュースで老人ホームの猫が老人の死期を知らせるっというのがあった。

猫は昔から7つの命があるとか、魔物だとか言われたり、良い事、悪い事にしても、猫がその事を聞いて口が利けたら、きっと濡れ衣だと言うかも?

だが、猫力ってあるかもって思う。
別々の知り合いから、別々の似たような話を聞いた。
猫に見込まれたという話である。

知り合い 1の話
仕事の旅から帰って、マンションの建物のドアの前にたどり着いたら、「にゃー」と言う声とともに、小さな子猫がドアの前に現れたと。

その様子は、「お帰りなさい。貴方を待ってましたよ」と言わんばかりに見えたと。

もともと、彼は、犬好きで、猫なぞ、かつて飼った事もなく、猫を飼う気もさらさらなく、
その時も、子猫を無視して、マンションに入ったと。

しかし、その後、用事でまたマンションを出て、また、マンションに帰ってきたら、また、その子猫が、彼を待ってましたよとばかりに現れたと。

その時は、彼は、これは、この猫を飼うのは運命なんだ。
この猫に見込まれたと感じたと。

それで、子猫をマンションに入れたところ。
子猫は、そこが、もうまえまえからの自分の家のように、かって知ったる自分の家のように、振る舞い。
彼の後を追いかけ、彼が座るとそのそばにやって来る。
彼が、ベットにゆくといっしょに寝る。

彼はその日のうちに猫砂、キャットフードを買いに行ったと。
子猫の名前は、ネコと。

ネコと呼ぶと、飛んでくると。

知り合い 2の話
知り合いは一週間に1度、別荘に泊まりにゆく。
泊まった夜、窓の外で、猫の鳴き声を聞いて、窓を開けてみたら、
猫が窓から入ってこようとした。
その時は、猫は飼えないからと、ちょっと、可哀想なという気持ちもしたが窓から外へ追いやったと。

次の夜、寝ているベットの下で、もそもそ物音がした。
ビックリして、見てみた所、昨日の猫がいてしかも、
子猫も何匹いて、その子猫に捕まえてきたネズミの食事をさせていたと。

びっくり仰天。
でも、もともと猫好きな彼女。親子猫をほうっておけず、親子共々、
町の家に連れてきて、子猫は、知り合いにあっちこっともらってもらい。
親猫は、自宅で飼う事にしたと。

その猫は、もともと、きっと何処かの飼い猫だったと思うと。
大変行儀のいい猫でしかもシャムネコだと。

猫、きっと自分が子供を生んだけど、その子供の将来も考えて、
きっと助けてくれる主人を探して、彼女を見込んでやってきたような気もするがどうだろうか?

きっと猫は、猫力で、自分のご主人を探すのではないだろうか?

そういえば、我が家のシャムに似たシャムという名前の猫も、もともと、他所から、やってきて、我が家の猫になりすました。

この猫も、もともと飼い猫だったと思う、毎日、毎日、屋根を伝って、
我が家のベランダにやってきて、じっと、お行儀よく座っていた。
餌をやると、もらって、また、帰っていったが、しばしばやって来て
そのうちに、もう、帰っていかなくなり、すっかり、我が家を住家にしてしまった

それから、しばらくして子猫を我が家の娘のベットの上で産んだ。
妊娠していたのだ。

その子猫達の貰い手を探すのが私の仕事となったが、皆、貰われて行った。
シャムの雑種だが、シャムぽい子猫達、シャムだシャムだと言って貰ってもらった。

このシャムという雌猫、感が鋭い猫かも?と思ったのは、
地震があった前に、尋常でなく、落ち着かない猫になった。
普段の様子でないのでどうしたの?どうしたの?と聞いても、猫は人間に通じる言葉を話してくれない。

その後、ちょっと強い地震があった。

それで、今後は、シャムを地震予知装置として観察しようかなと思った次第。


愛犬のしつけでお悩みですか?



それならばこちらで解決できますよ!



犬の気持ちって実は・・・

タグ:
posted by シロ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54449453

この記事へのトラックバック


トップページへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。